Scroll

丸正は精米にこだわり、
丸正だけのお米を作っています。

精米のこだわり

01

まずは石抜精米機で石抜と精米。

石抜精米機で、お米に混ざってしまっている小さな小石を取り除きます。
そこからさらに七分つきに精米します。

02

無洗米仕上機で無洗米加工をします。

精米機のみの加工だと、お米の表面に肌ぬかが残ったままとなってしまい、お米を炊く前にお水で研いで肌ぬかを落とさなければなりません。
丸正では、無洗米仕上機で加工するため、お米の表面に肌ぬかが残らないため研ぐ必要がありません。

03

色彩選別機にかけて完成です。

石抜精米機でも検出されなかったわずかな着色米をこの機械で除去をして、ななひかり米は完成します。

おいしい食べ方

01

炊飯時のお水を少し多く加えるだけ。

肌ぬかが取れている分、1カップに入るお米の量が多くなります。
炊飯時のお水を大さじ1~2杯多く加えてください。

Q&A

01

本当に洗わずで大丈夫なの?

はい、大丈夫です。
洗わず・研がずが「ななひかり米」の最大の特徴です。本来お米を洗うのは、米に付着している肌ぬかを取り除く為ですが、ななひかり米は独自製法により肌ぬかを綺麗に取り切っているので洗う必要がありません。
また、お米の表層面にある「うまみ層」を傷つけず、肌ぬかだけを取り除いているので、お米本来のおいしさを最大限に味わえます。

02

水を注ぐと白く濁ってしまいます。

そのまま炊いていただいて、問題ありません。
お米の表層面のでんぷんが水に溶けだした事と、水中の気泡によって白く濁りますが、しばらくすると澄んできます。濁り具合は水の温度や量によって変化しますが肌ぬかではございません。

03

「肌ぬか」ってなんですか?

精米しても、お米の表層面に残ってしまう粘着性のぬかの事です。肌ぬかが付いたまま炊いてしまうと、ご飯がぬか臭くなってしまいおいしさが半減してしまいます。
通常炊く前に研ぎ洗いすることで肌ぬかを落としますが丸正では無洗米加工をしているため肌ぬかはありません。

04

ななひかり米の栄養やカロリーは、普通のお米と比べて違いはありますか?

ななひかり米には胚芽(はいが)と亜糊粉層(あこふんそう)が残されているので、普通米を研いだものと比べると、洗米時に流出する水溶性ビタミンのビタミンB1やナイアシンは残っており、食物繊維やオリゴ糖類も含まれています。
また、亜糊粉層が水分をたくさん吸収するため、ごはん一粒一粒がふっくらとふくらみ、少ないお米でいつもと同じ量のご飯を炊くことができます。

つまり、通常より同じ量のご飯でもカロリー、糖質がカットできるのです。

精米のこだわり

01

まずは石抜精米機で石抜と精米。

石抜精米機で、お米に混ざってしまっている小さな小石を取り除きます。
そこからさらに七分つきに精米します。

02

無洗米仕上機で無洗米加工をします。

精米機のみの加工だと、お米の表面に肌ぬかが残ったままとなってしまい、お米を炊く前にお水で研いで肌ぬかを落とさなければなりません。
丸正では、無洗米仕上機で加工するため、お米の表面に肌ぬかが残らないため研ぐ必要がありません。

03

色彩選別機にかけて完成です。

石抜精米機でも検出されなかったわずかな着色米をこの機械で除去をして、ななひかり米は完成します。

おいしい食べ方

01

炊飯時のお水を少し多く加えるだけ。

肌ぬかが取れている分、1カップに入るお米の量が多くなります。
炊飯時のお水を大さじ1~2杯多く加えてください。

Q&A

01

本当に洗わずで大丈夫なの?

はい、大丈夫です。
洗わず・研がずが「ななひかり米」の最大の特徴です。本来お米を洗うのは、米に付着している肌ぬかを取り除く為ですが、ななひかり米は独自製法により肌ぬかを綺麗に取り切っているので洗う必要がありません。
また、お米の表層面にある「うまみ層」を傷つけず、肌ぬかだけを取り除いているので、お米本来のおいしさを最大限に味わえます。

02

水を注ぐと白く濁ってしまいます。

そのまま炊いていただいて、問題ありません。
お米の表層面のでんぷんが水に溶けだした事と、水中の気泡によって白く濁りますが、しばらくすると澄んできます。濁り具合は水の温度や量によって変化しますが肌ぬかではございません。

03

「肌ぬか」ってなんですか?

精米しても、お米の表層面に残ってしまう粘着性のぬかの事です。肌ぬかが付いたまま炊いてしまうと、ご飯がぬか臭くなってしまいおいしさが半減してしまいます。
通常炊く前に研ぎ洗いすることで肌ぬかを落としますが丸正では無洗米加工をしているため肌ぬかはありません。

04

ななひかり米の栄養やカロリーは、普通のお米と比べて違いはありますか?

ななひかり米には胚芽(はいが)と亜糊粉層(あこふんそう)が残されているので、普通米を研いだものと比べると、洗米時に流出する水溶性ビタミンのビタミンB1やナイアシンは残っており、食物繊維やオリゴ糖類も含まれています。
また、亜糊粉層が水分をたくさん吸収するため、ごはん一粒一粒がふっくらとふくらみ、少ないお米でいつもと同じ量のご飯を炊くことができます。

つまり、通常より同じ量のご飯でもカロリー、糖質がカットできるのです。